とりあえず家具

家具を中心に北欧からバウハウス、民藝まで。好きなモノについて綴っています。

スポンサーリンク

ぶらり島根旅⑤エッグベーカーで有名な湯町窯へ。だんだ~ん♬

 

出雲民藝館を後にし、目指すは松江の布志名焼・湯町窯。

 

湯町窯は1922年(昭和11年)に開窯。

 

2代目の福間貴士さんが柳宗悦の民芸運動に共感し、参加することになりました。

 

その後、バーナード・リーチから今や湯町窯の代名詞ともなったエッグベーカーやスリップウェアを学びました。

 

現在は三代目の福間琇士さんと4代目の福間庸介さんが作陶されてます。

  

f:id:kaguisu:20190529080317j:plain

出雲民藝館の最寄り駅・西出雲駅から湯町窯がある玉造温泉駅までは電車で40分程度だったかと。

 

駅からは歩いてすぐです。 1分ほど。 

 

 

f:id:kaguisu:20190529080356j:plain

正面の建物です。

 

胸が高鳴ります。

 

f:id:kaguisu:20190529080400j:plain

 はい、湯町窯の看板!

 

f:id:kaguisu:20190529080405j:plain

遂に到着です!!

 

f:id:kaguisu:20190529080450j:plain

入るとたくさんの器たちが。。

 

「だんだ~ん」?

 

f:id:kaguisu:20190529080439j:plain

んー、どれも素敵です。

 

「だんだ~ん」??

 

f:id:kaguisu:20190529081133j:plain

このテーブルで抹茶とお菓子をいただきました。

 

なんと親切な。

 

「だんだ~ん」??? 

 

f:id:kaguisu:20190529080500j:plain

「だんだんだんだ~ん」??? 

 

さっきから聞こえていた店主らしき人の「だんだ~ん」は、島根の方言についての張り紙があってわかったんですが、「ありがとう」という意味でした。

 

リズミカルでとても心地良い響きの「だんだんだんだーん」は今も耳に残っており、思い出すだけでとても和やかな気分になります。

 

その店主と思しき人はなんと三代窯元の福間琇士さんでした。 

 

とても穏やかな方で、お店に来られたお客さん1人1人にどこから来たんですか?と声をかけられてました。

 

ほっこりとした印象の器は福間琇士さんの人柄がそのまま出たようなとても魅力的なものばかりです。

 

 

壁にはこんな貴重なモノもありました。

f:id:kaguisu:20190529080410j:plain

棟方志功さんの版画と直筆の書です。

 

拡大します。

 

f:id:kaguisu:20190530081545j:plain

すみません、画像が悪くて。。

 

左は棟方志功さんが愛したエッグベーカーについて。

 

f:id:kaguisu:20190530081549j:plain

福間定義様とありますが、2代目の福間貴士さんのことで、戦後に改名されています。 

 

f:id:kaguisu:20190529080513j:plain

なんとここでも、エキパルチェアを発見!

 

ん?カエル!!

 

あなた、居場所間違ってますよ。笑 

 

と思いましたが、案外後から写真を見返すと溶け込んでいるような。笑  

 

 

一通り見て、悩みに悩みこれらを購入。

 

 

f:id:kaguisu:20190531075722j:plain

左手前のものは出雲民藝館で購入したもの。

 

右奥がエッグベーカーです。

 

f:id:kaguisu:20190531075732j:plain

エッグベーカーの中はこんな感じです。

 

これ、本当に美味しい半熟卵ができますよ。

 

お会計と商品を包んだりの一切を三代目の福間琇士さん自らが行ってくださいました。

 

面と向かって聞いた「だんだんだんだーん」は間違いなく今回の旅最高の思い出です。

 

 

f:id:kaguisu:20190529080538j:plain

 お会計も終わり、お店を後にします。

 

f:id:kaguisu:20190529080540j:plain

 

f:id:kaguisu:20190529080552j:plain

 

f:id:kaguisu:20190529080556j:plain

すべてが最高で、もう帰りにはニヤニヤとしてました。 

 

ぜひまた行きたいなと思う、素敵な空間でした。

 

だんだ~ん。

 

f:id:kaguisu:20190529080601j:plain

それでは、最後の目的地「objects」に向かいたいと思います。

 

www.kagu.tokyo

  

 

スポンサーリンク