とりあえず家具

家具を中心に好きなモノなどについて綴っています。

スポンサーリンク

ウルムスツールは世界最強のスツール!?

 

今日はウルムスツールについて。

 

 

有名な作品ではありますが、アルヴァ・アアルトのスツール60や柳宗理のバタフライスツールなどと比較するとまだまだ知名度は劣りますね。

 

前々から欲しいなと思っていましたが、1年ほど前にやっと手に入れました。

 

我が家ではスツールとして使用するというよりは、サイドテーブルとして使うことが多いです。

 

軽いので、移動も楽ですよ。

 

もっと人気が出ていいんじゃないかなと思うんですけどね。

 

シンプルすぎるんでしょうか。。

 

 

 

ウルムスツール(Ulm Stool)

 

 

デザインされたのは1954年なので、今から60年以上も前です。

 

ドイツにあるウルム大学の初代学長を務めたマックス・ビル(Max Bill)によって、ウルム大学の学生たちのためにデザインされています。

 

椅子としての機能はもちろん、横にすればテーブルとしても使用できますし、逆さまにして丸棒部分を持って簡単に持ち運びもできます。

 

よくデザインされているなーと見るたびに感心させられます。

 

 

3枚の板に1本の丸棒という、無駄を排除した、まさにバウハウス(Bauhaus)の思想を受け継いだ象徴的なスツールです。

  

あと、このコーナーの 組み方もいいですよね。

 

一切、釘を使用していません。

 

 

2009年まではVitra(ヴィトラ)で「Ulmer Hocker(ウルマーホッカー)」として生産されていましたが、廃版となってしまいました。

 

2011年にスイスのヴォーンベダルフ(wohnbedarf)から復刻が開始されています。

 

素材はスプルース材で脚先のみビーチ材が使用されてます。

 

素材としては柔らかく、無塗装ですので、正直キズや汚れはつきやすいんですが、個人的には経年変化を楽しむことができるので、悪くないかなと思います。

 

私はせっかちですので、オイルを塗布して早々に変化させました。笑

 

 

 

見た目の変化だけでなく、キズや汚れの防止にもなりますのでおすすめです。

 

あと、カラー展開が豊富ですよ。私はちょっと苦手ですが。。

 

 

 

マックス・ビル(Max Bill)

 

1908年、スイス・ヴィンタートウール生まれ。1994年没。

 

1924~1927年、チューリッヒで彫金の修行。その後、バウハウスでカンディンスキーやクレーのもとで学んでます。

 

1929年以降、画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、そして後には工業デザイナーとしても活躍。

 

彼が遺した「スプーンから都市計画まで」の言葉は有名ですね。

 

1953年、ドイツでバウハウスの精神を継ぐウルム造形大学の設立。

 

初代学長として現代のデザイン教育の礎を築きました。

 

晩年は「バウハウス最後の巨匠」とも呼ばれ、奇をてらわず機能を徹底的に追及する彼のミニマルデザインは現代のデザインの出発点になっています。

 

 

ヴォーンベダルフ(wohnbedarf)

 

1931年にスイスで設立された歴史ある家具ブランド。

  

www.wohnbedarf.ch

 

 

過去にはアルヴァ・アアルトやル・コルビュジェ、ミース・ファン・デル・ローエなどの著名な建築家の製品を手掛け、マスターピースと呼べる家具を世に送り出しています。

 

ウルムスツールはヴォーンベダルフ(wohnbedarf)だけでなく、ザノッタ(zanotta)からも販売されてます。

 

ウルムスツールではなく「ズガビッロ(Sgabillo)」と言います。

 

shopping.yamagiwa.co.jp

 

こちらは1950年にザノッタ社のためにマックス・ビルがデザインしたものです。

 

2つの違いですが、ウルムスツールはスプルースの無垢材を使用してますが、ズガビッロはビーチの積層材です。

 

あと、ズガビッロは貫の丸棒が貫通してません。

 

けど、一番の違いは金額でしょうか。

 

87,480円(税込)です。

 

高い。。

 

ウルムスツールは39,960円(税込)なので、倍以上です。

 

安いからと言って、ウルムスツールがジェネリック品というわけではありませんので、ご安心を。

 

ただ、20,000円ぐらいのものもありますが、そちらはジェネリック品なのでお間違いないように。 。

 

 

代表作

  

・アートポスター 

 

 ・ラグ quiet(クワイエット)

 

 

 ・Chronoscope

 

・Wall Clock 

 

・Table Clock

  

おわりに

 

やはり家具好きとしてはバウハウスは外せませんよね。

 

バウハウスというとスチールにレザーのような無機質なイメージが強く、苦手意識を持っている方も少なくないと思います。

 

ただ、ウルムスツールは素材が木なので、バウハウスはちょっと苦手という方にも受け入れやすいと思いますし、北欧家具や日本の家具とも相性いいですよ。

 

使い勝手がいいので、重宝すること間違いありませんよー。

 

では、今日はこのあたりで。

 

 

バウハウス好きならこちらも併せてどうぞ。格安で泊まれるんです。

www.kagu.tokyo

 

 スツールについてはこちらにも綴ってます。

www.kagu.tokyo

 

 

 

スポンサーリンク