とりあえず家具

家具を中心に北欧からバウハウス、民藝まで。好きなモノや建築、美術館、本、旅などについて綴っています。

スポンサーリンク

ピエール・ジャンヌレのシザーチェアにうっとり。

【FLYMEe/フライミー】 ~5/10まで70,000円以上の購入で10,000マイルプレゼントのキャンペーン開催中!

日本最大級のブランド家具・インテリア通販・【FLYMEe/フライミー】

 

今回はピエール・ジャンヌレ(Pierre Jeanneret)のシザーチェア(Scissor Chair)について。

 

ピエール・ジャンヌレ

 

ピエール・ジャンヌレはスイス人の建築家で、ル・コルビュジェの従兄弟でシャルロット・ぺリアンと共にコルビュジェを支えた人物です。

 

有名なのはコルビュジェのインドのチャンディーガルの都市計画で建築や名作家具を多く残しています。

 

ジャンヌレについての記事はこちらからどうぞ。

 

Scissor Chair

 

シザーとはハサミのこと。

 

脚のデザインがシザー(ハサミ)に似ていることからその名が付きました。

 

シザーと聞くと、シザーハンズが頭に浮かぶのは私だけでしょうか。

 

 

どうでもいいですね、すみません。

 

シザーチェアはハンスとフローレンス・ノール夫妻がヨーロッパを旅行中にジャンヌレが1人でデザインした椅子を気に入り、アメリカのKnollから「Model 92」として1948年に発表されました。

 

www.instagram.com

 

木製のフレームにベルトを張って、クッションを乗せるだけというシンプルな形状。

 

特に横からのプロポーションは素敵ですよね。

 

うっとりします…

 

ただ、現在では作られておらず、ビンテージでしか手に入らないため大変貴重な椅子です。

 

以前、たまたまテレビを見ていたら、藤原ヒロシさんとサカナクションの山口一郎さんのBSフジで不定期に放送される『FUJI-YAMA MID-NIGHT-FISHING』のレコーディングスタジオでも使用されていました。

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

このスタジオ、勝手に藤原ヒロシさんのものと思っていたらサカナクションでした。

 

 

素敵な空間ですよね。

 

あと、シザーチェアはスイスのWohnbedarf(ヴォーンベダルフ)社でも一時期作っていたようです。

 

ほとんど見かけることはないですがこちらにありました。

www.clozzet.com

 

Wohnbedarfといえば、マックス・ビルのウルムスツールなどを現在手掛けているところです。

www.kagu.tokyo

 

おわりに

 

今回紹介したシザーチェアはチャンディーガルのためにデザインした一連の家具と比較するとシャープな印象を受けますね。

 

チャンディーガルの家具も素敵ですが、個人的にはこっちの方が好きです。

 

これの2シーターとか3シーターとかも絶対にカッコいいだろうなと勝手に妄想したり…

 

Knoll、復刻してくれないかな…

 

人気出ると思うんだけどな…

 

 

スポンサーリンク