とりあえず家具

家具を中心に好きなモノなどについて綴っています。

スポンサーリンク

サレスコを知らずしてカール・ハンセンとウェグナー語るべからず。

 

カール・ハンセンやハンス・J・ウェグナーのことは知っていてもSALESCO(サレスコ)のことを知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

f:id:kaguisu:20180520142212j:plain

 

今日はサレスコについて綴りたいと思います。

 

 

SALESCO(サレスコ)とは

 

サレスコとはウェグナーの家具を各メーカーが得意分野に応じて家具を製作し、それを共同で販売する団体のことです。

 

1951年にサレスコという名で活動し始めましたが、組織化されたのは1955年。

 

当時のデンマークは外貨を稼ぐために輸出に非常に力を入れていたんですね。

 

 

参加したのは、5社。

 

Carl・Hansen(カール・ハンセン)

 

Andreas Tuck(アンダー・タック?アンドレアス・タック)

 

GETAMA(ゲタマ)

 

AP stolen

 

RY Mobler

 

今ではカール・ハンセンしか残っていませんが、名だたるメーカーばかりですね。 

 

 

当時のデンマークの人口は400万ちょっと。

 

現在でも570万程の小さな国ですので、自国だけに頼るには規模が小さすぎるので、サレスコを設立し、海外に打って出ました。

 

外貨を稼ぐことは大事ですもんね。

 

他にもPeter Hvidt & Orla Molgaard-Nielsen(ピーター・ヴィッツ&オラ・モルガード・ニールセン)のAXチェアで有名なPORTEXも輸出に力を入れてました。

 

f:id:kaguisu:20180520121739j:plain

左から2番目がAXチェアです。画像が悪くてすみません。

 

もちろん輸出となると輸送費がバカにならないので、AXチェアはノックダウンになってます。

 

 

 

E・Kold・Cristensen(アイヴァン・コル・クリステンセン)

 

ちなみにサレスコを率いていたのは誰か知ってますか?

 

E・Kold・Cristensen(アイヴァン・コル・クリステンセン)です。

 

ん?

 

んん?

 

どういうこと?

 

E・Kold・Cristensen(アイヴァン・コル・クリステンセン)って、あのEKCのこと?

 

ビンテージ好きの人なら知ってますよね。

 

そうです、ポール・ケアホルムの家具を製造していたメーカーですよね。

 

f:id:kaguisu:20180520123714j:plain

PK-24,PK-71,PK-101 や他にも。。

 

f:id:kaguisu:20180520123718j:plain

 PK-20など。

 

 

実はコル・クリステンセンはサレスコを率いていて、その後にウェグナーをとるかケアホルムをとるかで、最終的にケアホルムを選んだんですよ。

 

すごいですよね、先見の明がありますよね。

 

それにしても、ウェグナーとコル・クリステンセンが関係していたこと自体が驚きですよね。

 

サレスコが設立する前にCarl・Hansen(カール・ハンセン)とAndreas Tuck(アンダー・タック)は営業として、E・コル・クリステンセンを雇っていました。

 

営業としてですよ?それもビックリですよね。

 

まだまだ続きますよ、ビックリが。。

 

それで、コル・クリステンセンがウェグナーのデザインに惹かれ、カール・ハンセンの社長に紹介したそうです。

 

そこから、CH23やCH24(Yチェア)などをデザインするという流れです。

 

Yチェアは以前にも綴ってますので、併せてどうぞ。 

www.kagu.tokyo

 

 

コル・クリステンセン、恐るべし。。

 

コル・クリステンセンがいなければ、もしかすると今のカール・ハンセンはなかったのかもしれませんね。。

 

せっかくなので、EKC関連の写真を。

 

f:id:kaguisu:20180520123701j:plain

EKCの店舗のサインとして使用されていたもの。

 

f:id:kaguisu:20180520123709j:plain

サインのスケッチですかね。右下には店舗のデザインがあります。

家具の刻印では、このマークを90度右に回転させて下にDENMARKと入るんですけどなんで向きが違うんですかね。。それともあえてDENMARKの字を縦にしたのか。。

 

f:id:kaguisu:20180520123711j:plain

 

 

では、本題に戻りましょう。

 

SALESCO(サレスコ)設立

 

Carl・Hansen(カール・ハンセン)とAndreas Tuck(アンダー・タック)から始まり、その後に、RY Mobler、GETAMA(ゲタマ)、AP stolenが加わり、1951年にSALESCO(サレスコ)として活動を始めました。

 

GETAMA(ゲタマ)については下記にも少々綴ってます。

 

www.kagu.tokyo

 

サレスコのトップにはコル・クリステンセンが就任し、ハンス・J・ウェグナーの家具を世界に売り込み、大ヒット!!

 

当時はザ・チェアやJH-701(PP-701)の製造でも有名なJohannes Hansen(ヨハネス・ハンセン)でもウェグナーはデザインをしていましたが、職人気質なところもあり、やや高価になっていたんですよね。

 

ヨハネス・ハンセンと比較するとサレスコは各メーカーの得意分野に注力することができ、数もまとまって作ることができたので、価格も抑えることができました。

 

特にアメリカでは大ヒットし、ハンス・J・ウェグナーは一躍世界で有名な家具デザイナーとなりました。

 

当時のアメリカでは工業製品が多く出回っており、それに見慣れてしまったアメリカの人たちには新鮮に映ったんでしょうね。

 

 

コル・クリステンセン脱退=サレスコの衰退

 

しかし、1955年に若く才能があるポール・ケアホルムと仕事をしていくことを選んだコル・クリステンセンはサレスコを離れました。

 

なんか嫌な予感がしますね。。

 

その後、1960年代ごろから徐々に衰退が始まります。

 

 やっぱりか。。

 

 

GETAMA(ゲタマ)が脱退

 

1969年に恐れていたことが現実となります。GETAMA(ゲタマ)がサレスコから脱退することなりました。

 

ゲタマはサレスコの中でも規模が一番大きかったので、サレスコにとっては大きなダメージとなりました。

 

その後、ウェグナーとサレスコの関係は悪くなる一方で、関係は途切れることに。。

 

遂にこの時が来たかという感じですね。

 

何事もすべてがうまくいくわけではないんですね。

 

 

Andreas Tuck(アンダー・タック、アンドレアス・タック)倒産

 

アンダー・タックはテーブルをメインに製造してましたが、1972年に倒産してしまいます。

 

テーブルの供給元がなくなって一番困るのはどこでしょう。

 

そうです、Yチェア等の椅子をメインに作っているカール・ハンセンです。

 

ウェグナーのテーブルの製造権はカール・ハンセンという話も出ていたようですが、結局、PPモブラーになりました。

 

 

技術的な問題もあったかと思うんですが、同じサレスコで頑張っているカール・ハンセンにライセンスを移してもよさそうですもんね。

 

この時、ウェグナーはサレスコを嫌っていたんでしょうね。

 

 

AP stolen 倒産

 

1974年のことです。

悪いことは続きますね。。

 

これで、残ったのはカール・ハンセンとRy Moblerのみとなったので、サレスコは事実上の解散となります。

 

もう終わりかと思ったあなたは、まだまだ甘い。

 

Ry Moblerは当時Soren Willadsen(ソーレン・ウィラッドセン)と共同経営をしていたので、カール・ハンセンを加えた3社でサレスコのような販売会社を作ったんですね。

 

結果、どうなったと思いますか?

 

はい、ダメでした。

 

さっきもう終わりと思ったあなた、強ち間違いではなかったですね。笑

 

Ry Mobler・Soren Willadsen(ソーレン・ウィラッドセン)倒産

 

1980年代半ば、この2つも倒産したことで、すべては終わりました。

 

何か寂しさを感じますよね。

 

もちろんデンマークには他にもフリッツ・ハンセンやフレデリシアなどありますが、この状況は一時代を築いたデンマーク家具の衰退を意味しているのかと。。 

 

 

おわりに

 

このような複雑な経験があったからこそ今のカール・ハンセンの躍進があるんでしょうね。

 

Rud Rasumussen(ルド・ラスムッセン)やP.Jeppesen(P・J・ファニチャー)を買収したことで、以前にも増して守備範囲が広がりましたし、今後の展開が楽しみですね。

 

そのうち深澤直人さんのデザインが出てきたりして。。

 

長くなりましたね。今日はこのあたりで。。

 

 

 

 

 

 

www.kagu.tokyo

  

www.kagu.tokyo

 

スポンサーリンク