とりあえず家具

家具を中心に好きなモノなどについて綴っています。

スポンサーリンク

これは期待大!!ルート・ブリュック(Rud Bryk)展が日本で開催!!

 

まさか日本で彼女の展示会が開催される日が来るとは。。

 

満を持しての登場です。

 

 

誰?

 

ルート・ブリュック(Rud Bryk)?

 

と思った人も少なくないと思います。

 

それでは、タピオ・ヴィルカラ(Tapio Wirkkala)はどうですか?

 

タピオ・ヴィルカラであれば、知っている人も少なくはないのでしょうか。

 

フィンランドを代表するデザイナーの1人で多くの名作を残してますね。

 

有名な作品と言えば、まずはこの2点ではないでしょうか。

 

f:id:kaguisu:20181110094838j:plain

 

f:id:kaguisu:20181110094904j:plain

どちらも美しすぎますよね。

 

この2点はビンテージでとても人気があり、今でも高値で取引されてますね。

 

こういうモノに囲まれて過ごすと目も養われますし、心も穏やかに過ごせそうです。

 

やはりちょっと無理してでもいいモノに触れるようにしないといけないですね。 

 

とは言っても、そう簡単なことではないですけど。。

 

現行品であれば、ウルティマツーレ(Ultima Thule)が人気です。

 

 

 

 

 

ウルティマツーレは値段も手ごろですので、比較的手を出しやすいのではないかと。

 

既にご存知の方も多いと思いますが、このあたりの商品については、毎回ここをチェックすれば面白い情報が満載ですよ。 

 

 

 

scopeさんです。

 

シャチョウの破壊力が凄すぎます。。

 

ちょっと反れましたが、この数々の名作を残しているタピオ・ヴィルカラの奥様がルート・ブリュック(Rud Bryk)です。 

 

 

 

ルート・ブリュック(Rud Bryk)展

 

2019年はルート・ブリュックの没後20周年であると同時に、日本とフィンランドの修好100周年にあたります。この記念すべき年に開催される「ルート・ブリュック」展は、約180点のセラミックやテキスタイルなどを通じて、その多彩な仕事を日本で初めて網羅的に紹介する展覧会です。2016年よりフィンランドやスウェーデンを巡回してきた生誕100周年展をベースに、日本のオリジナル展示を加え、アート、デザイン、建築をおおらかに乗り越えた創作活動を展観します。

Rut  Bryk展 HPより

 

180点もの作品が展示されるんですね。

 

日本で彼女の作品を見る機会はあまりないので、これは非常に楽しみです。

 

正直、自分もあまり詳しくないので、この展示会で勉強したいと思います。 

 

開催時期ですが、 

会場(会期):
東京ステーションギャラリー(2019年4月27日−6月16日)
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター(2019年9月−10月)
岐阜県現代陶芸美術館(2020年4月−7月)

 Rud Bryk展 HPより

 

 ちょっと先ですね。。

 

我慢して待ちましょう。

 

東京ステーションギャラリーでは、ルート・ブリュック展の前にはこちらが開催されます。

  

アアルトの日本での展覧会としては、約20年ぶりの大きな展覧会です。 

www.kagu.tokyo

 

www.kagu.tokyo

 

これは必ず見た方が良いですよ。

 

ヴィトラ(Vitra)のデザインミュージアムを皮切りに世界を巡回して、日本にやって来てます。

www.kagu.tokyo

 

 

おわりに

 

まさか日本でルート・ブリュック(Rud Bryk)展が開催されることになるとは思いもしませんでした。

 

前にも書きましたが、そろそろイルマリ・タピオヴァーラ展あたりをやってほしいんですが。。

 

気長に待ちたいと思います。

 

では、今日はこのあたりで。。

 

rutbryk.jp

 

 

 

 

北欧雑貨が好きな方はこちらも併せてどうぞ。

www.kagu.tokyo

 

www.kagu.tokyo

 

 

スポンサーリンク