とりあえず家具

家具を中心に好きなモノなどについて綴っています。

スポンサーリンク

Verner Panton(ヴェルナー・パントン)について

 

昔の資料を整理してたら2009年に東京オペラシティアートギャラリーで開催されたヴェルナー・パントン展の時の資料が出てきました。

 

f:id:kaguisu:20180415190355j:plain

このパントン、カッコよすぎ!ダンディすぎる!

 

パントンがカッコよすぎて、写真もカッコつけて撮ったら、パントンがわかりにくくなってしまいました。笑

 

4,5年ぐらい前だったかなと思ったら、なんと9年も前だったので驚きました。。

 

時が経つのは早いですね。。

 

その間に自分自身で変わったことと言えば、より家具が好きになったってことでしょうか。笑

 

相変わらずです。。

 

 

Verner Panton(ヴァーナー・パントン)は1926年にデンマークにて誕生してます。

 

パントンと言えば、家具好きならほぼ100%知っているんではないでしょうか。

 

そう、パントンチェアをデザインしたのは彼です。

 

f:id:kaguisu:20180415193622j:plain

有名ですよね。

 

この椅子の誕生の背景にはちょっといざこざがあるんですよね。

 

ポール・ケアホルムがデザインしたのをパントンが真似したとか。。

 

f:id:kaguisu:20180415191441j:plain

この奥に写っているのがポール・ケアホルムがデザインしたものです。

デンマーク工芸博物館にて。

 

うーん、何とも言えませんね。。

 

最終的にはパントンが先にアメリカのハーマンミラーから商品化し、それを知ったポール・ケアホルムは激怒したとか。。

 

もう、この話はこのあたりで終わりにしましょうかね。。

 

 

ちなみにパントンはルイス・ポールセンのデザインで有名なポール・ヘニングセンの義理の娘さんと1950年に結婚してるんですよね。

 

しかし!!

 

翌年にはスピード離婚!!

 

やるね、パントン。やっぱりあなたは次元が違う。

 

パントンはポール・ヘニングセンの紹介であのフリッツ・ハンセンで1950~52年に勤務していたという実績があるんですよ。

 

その当時はというと、あの大巨匠アルネ・ヤコブセンがアントチェアを開発していた時期ということもあり、パントンもそこから多くのことを学んだとか。

 

フリッツ・ハンセンに勤務していたのは意外ですよね。

 

ここからはデンマークのトラファルト美術館にあったパントンのものをいくつか紹介します。

 

f:id:kaguisu:20180415193813j:plain

コーンチェア。

 

f:id:kaguisu:20180415193820j:plain

ワイヤーコーンチェア。まぁ、可愛らしい。

 

f:id:kaguisu:20180415195818j:plain

パントニックチェア。遊び心満載ですね。

 

f:id:kaguisu:20180415194021j:plain

バチェラーチェア。現在はデンマークのMONTANA(モンタナ)というところから復刻されており、アクタスで販売されていますね。

 

f:id:kaguisu:20180415193825j:plain

VPグローブ(照明)も秀逸ですね。

 

以前、デンマークの一般家庭でこれが吊るされているのを見たことがあるんですが、暗い中でうーっすらと光る感じがすごく幻想的で好きになりました。

 

f:id:kaguisu:20180415194556j:plain

パンタワーもありました。(右下の赤いやつ)

 

これは東京オペラシティの展示会でもあって、実際に座ったりすることができました。

実際、どんな人が買ってるんですかね。

 

紹介したのは、ほんのごく一部ですが、当時はアルネ・ヤコブセンやハンス・J・ウェグナー、ボーエ・モーエンセンらが主流の時代に、若干年代は後とはいえ、斬新で革新的なデザインを多く残したパントンはやはり異彩を放っていますね。

 

活動の拠点をデンマークからスイスに移したことも大いに影響しているかと思いますが、ヴェルナー・パントンの多才さには脱帽です。

 

デンマークの正統派とは、やや異なりますが、パントンはパントンで他にはない魅力がありますよね。個性があって好きだな、パントン。

 

そう言えば、ルイスポールセンからパントンの照明「パンテラミニ」にクロームが追加されましたね。パンテラミニはパンテラをリサイズし、2016年に登場しました。

最近は、復刻であったり、カラーバリエーションが増えたりとやたら多い気がしますね。

 

結局は新しいものを一から開発するより、人気があるデザイナーの商品に頼ったほうが、簡単だし実績を出しやすいんでしょう。

 

いろいろな商品を見られるようになるから、それはそれでいいんですけどね。

 

では、今日はこのあたりで。それではー。

 

 

 

www.kagu.tokyo

 

スポンサーリンク