とりあえず家具

家具を中心に北欧からバウハウス、民藝まで。好きなモノや建築、美術館、本、旅などについて綴っています。

スポンサーリンク

無印良品でアルテック(artek)のスツールが買えるんです。

【FLYMEe/フライミー】 ~5/10まで70,000円以上の購入で10,000マイルプレゼントのキャンペーン開催中!

日本最大級のブランド家具・インテリア通販・【FLYMEe/フライミー】

 

今回は無印良品とartek(アルテック)とスツールのお話。

 

  

スツール(STOOL)

 

スツールと言えば、皆さん何を思い浮かべますか?

 

バタフライスツール(柳宗理)

 

エレファントスツール(柳宗理)

 

ウルムスツール(マックス・ビル)

www.kagu.tokyo

 

ピルッカ(イルマリ・タピオヴァーラ)などなど、他にもいろいろ名作がありますね。

 

その中でも断トツの人気はアルヴァ・アアルトのスツール60ではないでしょうか。

 

無駄をそぎ落とした究極のデザイン、「King of stool」の称号を与えてもいいでしょう。

  

アアルトについてはこちらでも詳しく紹介してます。

www.kagu.tokyo  

 

無印良品×アルテック・アアルトスツールE60 

 

以前もちょっとだけ触れましたが、アアルトのスツール60が、無印良品で買えるのを知っていますか?

 

無印良品ではこれまでにもiittala(イッタラ)のkartio(カルティオ)やTEEMA(ティーマ)などの限定を出したりしてます。 

www.kagu.tokyo

 

2016年よりアルヴァ・アアルトのスツール60も無印良品限定として販売してます。

 

www.muji.com

 

3本脚ではなく、4本脚です。

  

無印良品が発売する「バーチ材スツール(E60)」では、素材の使い方を見直すことで、お求めやすさを探求しました。

無印良品HPより

 

通常は座面の裏に使用される材料を表面に使用したり、色むらや節があるものも使用することで価格を抑えてます。

 

木は限りある資源ですし、良い部分ばかり使用するよりは、普通は使用されない部分に着目し、そこに価値を生み出す無印良品の取り組みは素晴らしいと思います。

 

番外編 スコープ(scope)

 

アアルトのスツールの別注でしたら、scopeもやってます。

www.kagu.tokyo

  

もちろん無印良品とモノは違いますよ。

 

リノリウムを別注されてます。

 

これまた大人気で、恐らく無印良品より売れてます。笑

 

  

こちらで詳しく紹介してます。 

www.kagu.tokyo

 

日本を代表する広島の家具メーカー・マルニ木工では、マルニ60シリーズで「キノママ」というシリーズがあり、無印良品と同じような取り組みをされてます。

www.kagu.tokyo

 

おわりに

 

個人的には天然の木を使っている以上は、色むら・節は当たり前だとは思いますし、むしろ1つ1つ表情が違って面白いと思います。

 

普通は悪いものと見なされがちなものにあえてスポットを当てて価値を生み出す。

 

ふむふむ。

 

世の中にはまだまだビジネスチャンスがごろごろと転がっていそうですね。

 

そうそう、この前こんな言葉を耳にしました。

 

「努力したからといって夢を掴めるとは限らない。ただし、努力したものしか夢は掴めない。」

 

すごく心に響きました。

 

努力し続けたいと思います。。

 

 

  

 アアルト好きなら忘れずにチェックを。

www.kagu.tokyo

 

www.kagu.tokyo

 

www.kagu.tokyo

 

無印良品×フィンランド。

www.kagu.tokyo

 

www.kagu.tokyo

  

スポンサーリンク