とりあえず家具

家具を中心に好きなモノなどについて綴っています。

スポンサーリンク

宮崎椅子製作所といえば・・・PePe?No.42?hata?

 

宮崎椅子製作所、知ってますか?

 

宮崎県にある椅子を作っている会社ではありません。

 

徳島県にある椅子を作っている評判の会社です。

 

実はこの会社凄いんです。

 

 

宮崎椅子製作所

 

f:id:kaguisu:20180812165407j:plain

 

創業は1969年。

 

徳島県鳴門市にて。

 

元々、徳島(阿波国)は船大工が栄えた町で、その後鏡台の製造で栄えました。

 

現在、徳島では宮崎椅子製作所以外にも

 

エスティック

www.estic-jp.com

 

冨士ファニチャー

fuji-furniture.jp

 

イストク

isutoku.co.jp

 

などの家具メーカーが存在します。

 

宮崎椅子製作所は「真似のできない椅子づくり」をモットーに良質な家具を日々生み出しています。

 

大量生産とは程遠い、30名弱という少ない人数で作られているのも特長です。

 

製品は、小泉誠・村澤一晃を中心に阿久津宏、Inoda+Sveje、あとはカイ・クリスチャンセン(Kai Kristiansen)のチェアやソファもライセンスを取得し、製造してます。

 

あと、2017年にはクリスチャン・ヴェデル(Kristian Vedel)の「モデュス(MODUS)」も復刻しました。

 

製品は現在60種類以上。

 

材料はナラ、レッドオーク、ウォールナット、ブラックチェリー、メープル、ブナ、ケヤキ、ホワイトアッシュの8種類、張地は60種類から選択可能です。

 

これだけあると、選ぶのに迷いそうですね。嬉しい悩みですけど。

 

ここの一番の特長はワークショップ形式でのモノづくりではないでしょうか。

 

デザイナーと職人が現場で実際にモノに触れながら、対話をしながら開発するというやり方。

 

まさにデンマーク家具の黄金期に行われていた手法です。

 

デザイナーと職人が対等なんですよね。

 

その中でもハンス・J・ウェグナーとヨハネス・ハンセンのニスル・トムセンやPPモブラーのアイナ・ペーターセンの関係性が有名ですが、同じことを現代でもやられている宮崎椅子製作所はさすがです。

 

1つの製品が誕生するまでに膨大な時間がかかっているんですが、それだけ力を入れて商品開発をしているからこそ良いモノが生まれるんでしょうね。

 

大量生産・大量消費はもうとっくに時代遅れで、今後は1つのモノにいかに付加価値を付けて商品化していくかが大事ですよね。

 

代表作

 

PePe アームチェア 村澤一晃

これと下のサイドチェアは宮崎椅子の中でも一番人気の椅子です。

 

PePe サイドチェア 村澤一晃

 

 PePe ソファ 村澤一晃

 

No.42  カイ・クリスチャンセン(Kai Kristiansen)

デンマーク家具を代表する名作椅子の1つ。

ビンテージでもよく目にするこの椅子を実は宮崎椅子製作所が復刻しているんです。

 

 Handy チェア カイ・クリスチャンセン(Kai Kristiansen)

 1956年に発表したNV-31を2014年にカイ・クリスチャンセン氏本人が改良したもの。

  

4110チェア カイ・クリスチャンセン(Kai Kristiansen)

1961年にデザインされたものを背もたれのに改良を加え、2011年に製品化。

 

ペーパーナイフソファ(Paper Knife sofa)  カイ・クリスチャンセン(Kai Kristiansen)

  

UUチェア 小泉誠
小泉誠さん本人が自身の仕事場で使用しているのがこのUUチェア。

 

Sansa スツール 小泉誠

 

hataチェア 吉永圭史

背もたれからアームにかけての削り出しが美しい椅子。

 

 

ISラウンジチェア  Inoda+Sveje

 

紹介したのはほんの一部で、他にも多数の椅子を作られてます。 

 

おわりに

 

宮崎椅子製作所の椅子たちは1950~60年代のデンマーク黄金期の家具と同じ方向を向いているんですよね。

 

そりゃー人気が出るわけです。

 

今後も宮崎椅子製作所からは目が離せませんね。

 

面白い椅子たちを世に送り出し続けてほしいものです。

 

では、今日はこのあたりで。

 

 

 

 

カイ・クリスチャンセンのビンテージはこちらから。

楽天市場で「カイクリスチャンセン・ビンテージ」を探す

 
www.kagu.tokyo

 

www.kagu.tokyo

 

スポンサーリンク