とりあえず家具

家具を中心に好きなモノなどについて綴っています。

スポンサーリンク

観ますよね?国立西洋美術館で開催される「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ ピュリスムの時代」

 

f:id:kaguisu:20181203221815j:plain

 

国立西洋美術館60周年記念ということで、ル・コルビュジエに焦点を当てた展示会が開催されます。

 

 

「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」

 

世界遺産の国立西洋美術館で「ル・コルビュジエ」の原点を観る。


20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。開館60周年を記念して開催される本展は、若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。
 第一次大戦の終結直後の1918年末、ジャンヌレと画家アメデ・オザンファンは、機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の芸術を唱えるピュリスムの運動を始めました。そして、絵画制作に取り組みながら新しい建築の創造をめざしたジャンヌレは、1920年代パリの美術界の先端を行く芸術家たちとの交流から大きな糧を得て、近代建築の旗手「ル・コルビュジエ」へと生まれ変わります。
 本展はル・コルビュジエと彼の友人たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成されます。ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる、またとない機会となるでしょう。

出典:国立西洋美術館HP

 

若き日のコルビュジエに焦点を当てたとても興味深い展示会です。

 

楽しみですね。

 

場所が国立西洋美術館ってのがいいですよね。

 

コルビュジェもまさか自分が設計した建物で展示会が開催されるなんて思いもしなかったでしょうね。

 

期間は2019年2月19日~5月19日。

 

早割りのチケットは既に終了してますが、

 

フランスのブランド・CINQPOINTS(サンクポワン)とコラボしたトートバックと鑑賞券が1枚セットになった前売り券が発売されてます。

 

CINQPOINTS(サンクポワン)について。

Play with Architecture! をコンセプトに建築家が手がけるブランド。現代建築をモチーフに遊び心のあるグラフィックで構築し、現代文化や知、好奇心、想像力、そして現代建築やデザインの思想をも内包。ザハ・ハッディット、ジャン・ヌーベル、レンゾ・ピアノ、ノーマン・フォスター等、数多くの現代を代表する建築家たちが賛同し、商品化に協力支援で話題に。質の高い仕上がりと大人も欲しがるアイテムがずらり。

出典:”PLAY

 

建築界の大御所のお墨付きです。

 

機能的で面白い商品が満載ですよ。2つだけ紹介します。

 

 

 

ほんと楽しみですね。

  

たーっぷりとコルビュジェ先生のお勉強をしましょう。

 

ついでに建物もじっくりと観察しましょうね。

 

lecorbusier2019.jp

 

余談

 

コルビュジェ繋がりということで。

 

これ、面白いです。コルビュジェのアイリーンへの嫉妬具合がたまりません。

 

映画の冒頭4分を見ることができますよ。 


ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ - 映画冒頭映像

 

 

 

www.kagu.tokyo

 

スポンサーリンク