とりあえず家具

家具を中心に好きなモノなどについて綴っています。

スポンサーリンク

ぶらり島根旅④出雲民藝館で湯町窯と出会いました。

 

出西窯を後にして、次は出雲民藝館に向かいます。

 

出雲市駅からJRで1駅の西出雲駅へ。

  

f:id:kaguisu:20190528231211j:plain

駅からは歩いて10分ほど。

 

f:id:kaguisu:20190528231248j:plain

ありました、出雲民藝館。

 

f:id:kaguisu:20190528231312j:plain

塀に沿って左に進みます。

 

f:id:kaguisu:20190528231318j:plain

突き当りを右折すると門が見えてきます。

 

f:id:kaguisu:20190528231455j:plain

このフォント、趣がありますよね。

 

良い雰囲気。

 

f:id:kaguisu:20190528231545j:plain

入ると正面に立派な建物が。

 

出雲民藝館は昭和49年に名家・山本家の屋敷を改装して作られました。

 

この建物は山本家の住宅なので、こちらは内部を見学することはできません。

 

f:id:kaguisu:20190528231609j:plain

こちらが本館です。

 

f:id:kaguisu:20190528231619j:plain

 

f:id:kaguisu:20190528231624j:plain

 

f:id:kaguisu:20190528231627j:plain

 

f:id:kaguisu:20190529000310j:plain

布志名焼・舩木窯の作品も。

 

f:id:kaguisu:20190529000317j:plain

 

f:id:kaguisu:20190529000327j:plain

 

f:id:kaguisu:20190529000334j:plain



f:id:kaguisu:20190528231639j:plain

 

f:id:kaguisu:20190528231643j:plain

縞帳。これ、可愛すぎますよね。 

 

f:id:kaguisu:20190528231658j:plain

 

f:id:kaguisu:20190528231703j:plain

「外村吉之介氏の導きのもとに」とありますね。 

 

外村吉之介さんは倉敷民藝館の初代館長です。

 

f:id:kaguisu:20190528231741j:plain

 永六輔さん、直筆。

 

f:id:kaguisu:20190528231746j:plain

西館には農具や民具などが展示されてます。

 

f:id:kaguisu:20190528232026j:plain

 

f:id:kaguisu:20190528232030j:plain

 

f:id:kaguisu:20190528232040j:plain

 

f:id:kaguisu:20190528232050j:plain

出西窯で買ったものと同じ鉢があった~。

 

f:id:kaguisu:20190528232107j:plain

 

f:id:kaguisu:20190528232119j:plain

 

f:id:kaguisu:20190528232124j:plain

中央にガラス類が見えているところが売店です。

 

ここはこの後に行く予定にしている松江の「objects」さんが監修されています。

 

そこでエッグベイカーで有名な湯町窯のお皿が素敵だったので購入しました。

 

f:id:kaguisu:20190529192353j:plain

いいですよね、スリップウェア。

 

しかも、これ、見た感じより軽いですし、一瞬で虜になりました。

 

売店の方とこの後松江に行くんですよーと話をしていたら、途中だから湯町窯に寄って行くといいですよとのこと。

 

湯町窯とは付き合いがあるようで、わざわざ何時まで開いているかと電話までしてくれて、それはそれは親切な方でした。

 

俄然行きたくなった私は、湯町窯を目指すことに。

 

f:id:kaguisu:20190528232130j:plain

お礼を言って、出雲民藝館を後にしました。

GW期間中でしたが、自分より前に見ている人は1人だけで、その後も2組ほど来ただけなので、ほとんど貸し切り状態でした。

 

ゆっくりと見られて大満足。

 

それにしても今回の旅はすべてが大満足。

 

日ごろの行いが良いからでしょうか。笑

 

まぁ、そんなことはないでしょう。

 

次は湯町窯を目指します。 

 

izumomingeikan.com

 

 

スポンサーリンク