とりあえず家具

家具を中心に北欧からバウハウス、民藝まで。好きなモノや建築、美術館、本、旅などについて綴っています。

スポンサーリンク

民藝を巡る旅・熊本①「小代焼ふもと窯」で井上尚之さん降臨

 

今回は熊本へ民藝を巡る旅へ行ってきました。

 

いつか行きたいなと思っていましたが、遂に行ってきました。

 

ちなみに前回の民藝の旅は島根でした。

 

出雲民藝館や湯町窯、出西窯、objectsなどなど。最高の旅でした。

www.kagu.tokyo

 

旅っていいですよね。

 

毎回新たな発見があって、いつも旅の時は興奮状態です。

 

 

まずは以前から気になっていた小代焼の窯元へと向かうことに。

  

小代焼とは

まずは小代焼について。

小代焼は、熊本県北部で約400年前から焼き続けられている陶器です。寛永9年(1632)に細川家転封に際し、豊前より移った牝小路源七と葛城八左衛門が小岱山麓に登り窯を開いたのが始まりといわれています。肥後藩の御用窯として茶道の道具などが焼かれたほか、生活雑器も多く作られました。
 鉄分を多く含み小石粒が多い小代粘土に藁灰・木灰・長石などを釉薬として用い、陶器としては高温で焼成されます。味わい深い地釉に流し掛けの上釉がかかる、素朴で力強い作風に特徴があります。

引用:熊本県伝統工芸館HPより

 

現在、熊本県北部の荒尾市周辺で10数か所の窯元があります。

 

小代焼ふもと窯

f:id:kaguisu:20191202222202j:plain

数ある中でも以前から行きたかった「小代焼ふもと窯」へ。

 

 

「小代焼ふもと窯」は井上泰秋さんが1968年に開かれた窯。

 

2代目の井上尚之さんは福岡県の小石原焼・太田哲三氏のところで修行をされており、スリップウェアなどを中心に作陶されてます。

こちらが井上尚之さんのスリップウェア。 

 

f:id:kaguisu:20191202222242j:plain

 まずは展示場へ。

 

f:id:kaguisu:20191202222252j:plain

なななんと、自由に作業場などを見学ができるということで、早く器を見たい気持ちを押さえつつ、まずは見学しました。

 

この作業場を見て作品を見る流れ、以前の出西窯に行った時と同じパターン。 

www.kagu.tokyo

 

これ、一番気持ちく良く買い物できるパターンだなとニヤニヤしながら、まずは見学を。

 

なぜなら、作られている風景や場所を実際に体感することで、器1つ1つがすごく輝いて見えるようになるんですよね。

 

f:id:kaguisu:20191202222805j:plain

ここは作業場で奥に登り窯もあります。

 

f:id:kaguisu:20191202225949j:plain

気持ちよささうに日向ぼっこをしてます。

 

f:id:kaguisu:20191202225942j:plain

コッペパンみたい。

 

f:id:kaguisu:20191202222830j:plain

 

f:id:kaguisu:20191202222834j:plain

 

f:id:kaguisu:20191202222851j:plain

登り窯。

 

大量の薪がストックされてます。

 

f:id:kaguisu:20191202222857j:plain

6つの登り窯は小代焼の中でも最大級。

 

f:id:kaguisu:20191202230011j:plain 

f:id:kaguisu:20191202222907j:plain

焼かれるのを待つ器たち。

 

f:id:kaguisu:20191202222914j:plain

見ているだけで和みます。

 

f:id:kaguisu:20191202222926j:plain

誰か作業しているのかなと思ったら、なんと!井上尚之さんが作業されていました。

 

さすがに写真は恐れ多くて取れませんでしたが。。

 

井上さんは時折見学している人に話しかけながら作業をされていました。

 

井上さん曰く、朝ドラ「スカーレット」で陶芸・焼き物が取り上げられたのがとても嬉しいとおっしゃってました。

 

もっともっと陶芸の人気が高まってほしいなーとおっしゃっていたのがとても印象的でした。

 f:id:kaguisu:20191202222919j:plain

工房を開放して自由に見られるようにしているのも1人でも多くの人に陶芸の良さを伝えたい一心なんだろうなと思いました。

 

ほんと素晴らしいですよね。

 

ただでさえ気になっていた井上尚之さんの器たちが俄然欲しくなってきました。

 

そのあとに器を見ると、買わないわけないですよね。笑

 

f:id:kaguisu:20191202222933j:plain

 

f:id:kaguisu:20191202222939j:plain

 

f:id:kaguisu:20191202222949j:plain

この薪たち同様、勢いよく燃える気満々の私は井上尚之さんの作業を見て、遂に着火してしまいました。

 

そんな私が器を買わないわけはありません。

 

新しい仲間たち

こちらが今回購入した器たちです。

f:id:kaguisu:20191206084518j:plain

 

f:id:kaguisu:20191206084457j:plain

f:id:kaguisu:20191206084500j:plain

うっとりします。。

 

お店で対応していただいた方は初代井上泰秋さんの奥様でしょうか。

 

すごく気さくで、丁寧にいろいろと教えてくださいました。

 

見学した後に、今度は器の話も聞けて大満足。

 

やはり欲しい器は現地で買うのが一番だなと改めて感じました。

 

あとは、このお皿たちに合うような料理ができるようにならないとな。

 

励みます。。

 

次はミッドセンチュリーのあの大物も愛したとされる「木の葉猿窯元」への旅です。

 

お楽しみに!

 

www.kagu.tokyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク