とりあえず家具

家具を中心に北欧からバウハウス、民藝まで。好きなモノについて綴っています。

スポンサーリンク

北欧家具好き必読!「流れがわかる!デンマーク家具のデザイン史」

北欧家具・デンマーク家具好きの皆さんに朗報です。

 

素晴らしい本が発売されましたよ!!

 

これまでにも島崎信さんの美しい椅子や 

www.kagu.tokyo

 

織田憲嗣さんの「名作椅子大全」など 

www.kagu.tokyo

 

などおすすめの本を紹介してきましたが、それに勝るとも劣らない素晴らしい1冊です。

 

その名も・・・

 

f:id:kaguisu:20191119221307j:plain

 

流れがわかる!デンマーク家具のデザイン史

背表紙のタイトルだけ見ると、書店にあっても見過ごしてしまいそうですが、中身はとても充実してます。

 

f:id:kaguisu:20191119221314j:plain

 表紙にはアントチェア、Yチェア、バレットチェアのイラスト。

 

f:id:kaguisu:20191119221350j:plain

裏にはフォールディングチェア、チャイニーズチェア、ピーターズデスク&チェアのイラストが描かれてます。 

 

内容はデンマークの歴史の話もあれば、デンマーク家具がどのような経緯で1950-60年代に黄金期をむかえるようになったのかを詳しく書かれてます。

 

他にも有名なデザイナー17名についての紹介もあります。

 

コーア・クリント(Kaare Klint) 

www.kagu.tokyo

  

アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen) 

www.kagu.tokyo

 

フィン・ユール(Finn Juhl) 

www.kagu.tokyo

 

ハンス・J・ウェグナー(Hans J Wegner) 

www.kagu.tokyo

 

ボーエ・モーエンセン(Borge Mogensen) 

www.kagu.tokyo

 

などなど。

 

意外と嬉しいのが、ビンテージ家具ではよく見かけますが、このような類の本ではあまり登場することがないデザイナーが載っていることです。

 

グレーテ・ヤルク(Grete Jalk)

 

イプ・コフォード・ラーセン(Ib Kofod Larsen)

 

アルネ・ボッダー(Arne Vodder)

 

カイ・クリスチャンセン(Kai Kristiansen)

 

 

あとは、工房の紹介も充実してます。

 

A・J・イヴァーセン(A J Iversen)

 

ヨハネス・ハンセン(Johanes Hansen)

 

ニールス・ボッダー(Niels Vodder)

 

ヤコブ・ケア工房(Jacob Kjaer)

 

ルド・ラスムッセン(Rud Rasmussen)

 

PPモブラー(PPMobler)

 

フリッツ・ハンセン(Fritz Hansen)

 

フレデリシア(Fredericia)

 

フランス&サン(France & Son)

 

などです。

 

ここも嬉しいのが、A・J・イヴァーセンやフランス&サンがあるところ。

 

f:id:kaguisu:20191119221333j:plain

270ページ以上あるのでボリューム満点です。

 

著者・多田羅景太さん

 

多田羅景太さんはコーアクリントやオーレ・ヴァンシャー、ポール・ケアホルムといった大スターが在籍したデンマーク王立芸術アカデミーに留学された実績の持ち主です。

 

しかもヴァンシャーやケアホルムに師事したロアルド・スティーン・ハンセンから家具デザインを学ばれています。

 

現地のリアルな空気間であったり、当時を知る人から学んでいる経験は他の何よりも説得力がありますよね。

 

それを踏まえた上で読むと、また一味違った印象を受けるのではないでしょうか。

 

おわりに

とりあえずこれは読むしかないです。

 

これ1冊でデンマーク家具の流れは完璧にマスターできますよ。

 

もう知ってるよって方も復習も兼ねて読んでみることをおすすめします。

 

間違いなく新たな発見がありますので。

  

 

 ほかにもおすすめの本を紹介してますので、あわせてどうぞ。

 

www.kagu.tokyo

 

スポンサーリンク