とりあえず家具

家具を中心に好きなモノなどについて綴っています。

スポンサーリンク

Bauhaus(バウハウス)に泊まるには。行き方・宿泊・予約方法など。

 

今日はドイツに行った時の話です。

 

ドイツと言えば、目的はただ1つ。

 

サッカーでもなく、ビールでもなく、ソーセージでもなく、

 

そう、Bauhaus(バウハウス)です。

 

しかも、今回は泊まるんです!!

 

Bauhaus(バウハウス)に宿泊

 

まず、バウハウスがあるデッサウまでの行き方ですが、ベルリンから直行便の電車で1時間半ほど。

 

f:id:kaguisu:20180707165702j:plain

ベルリン中央駅。

 

f:id:kaguisu:20180707165709j:plain

 

f:id:kaguisu:20180707165711j:plain

デッサウ駅に到着。

南口から出て、ここからは徒歩で。

 

f:id:kaguisu:20180707165716j:plain

案内があるので、わかりやすいです。

歩いて10~15分ほど。

 

f:id:kaguisu:20180707165718j:plain

 

f:id:kaguisu:20180707165731j:plain

 

f:id:kaguisu:20180707165734j:plain

到着です。 

 

バウハウスに泊まれるとは言いましたが、バウハウスのどこに泊まれるのかというと。 。

 

f:id:kaguisu:20180707154628j:plain

このベタな構図の写真。ここの右端に写っている白い建物です。

なかなかよく撮れてるなと思いましたが、被写体がいいのでおそらく誰が撮っても綺麗に取れます。笑

 

f:id:kaguisu:20180707154632j:plain

右端の白い建物、反対から見るとこんな感じです。

 

 

ここに泊まれるんです!想像するだけでゾクゾクしますよね。笑

 

当時は学生寮だったようですね。

 

宿泊料金

 

気になる金額ですが。。

 

どれぐらいだと思いますか。

 

1~2万円程度?

 

いやいや。

 

現在はシングルで40ユーロ。(日~木曜)

 

1ユーロ=130円で計算したとして、5200円。

 

えっ??

 

初めて見た時、自分の目を疑いました。

 

1桁違うのかなと。(私が泊まった時は現在よりも安い30ユーロでしたので、3900円ぐらい。)

 

ユーロに慣れていない自分は何度も計算しましたが、やはり間違いありませんでした。

 

ダブルでも60ユーロ。7800円。

 

私が泊まった時には確かなかったんですが、

当時を再現したReconstructed roomが50ユーロ。

 

金、土曜はそれぞれ5ユーロずつ高くなります。 

Prices

Single room regular (16 rooms)
Extra bed possible
Sunday to Thursday: 40 €
Friday and Saturday: 45 €

Double room (6 rooms)
Extra bed possible
Sunday to Thursday: 60 €
Friday and Saturday: 65 €

Reconstructed room (single room):
Sunday to Thursday: 50 €
Friday and Saturday: 55 €

Bauhaus Dessau HPより  

 

宿泊施設案内

 

特に食事等もなく、素泊まりですが、1階というか半地下に食事ができるところががありますので、問題ありません。

 

f:id:kaguisu:20180707153543j:plain

 

f:id:kaguisu:20180707153552j:plain

 

あと、部屋に風呂・トイレ・キッチンはなく共同です。

 

f:id:kaguisu:20180707152136j:plain

共同キッチン。必要最低限です。

1泊だけでしたので、使うことはありませんでした。

 

続いて、共同シャワー。

f:id:kaguisu:20180707152255j:plain

 洗面台は3つありますが。。

 

f:id:kaguisu:20180707152506j:plain

 シャワーは1つでした。

 

ちょうど1人だったので、問題なかったんですが、他の人と一緒になったらどうなってたんでしょうね。笑

 

まぁ、これぐらいのことなら、まったく問題ないですね。 

 

だって、あのバウハウスに泊まれるんですから。

 

しかも破格の値段で。

 

肝心の部屋はこちら。通常のシングルルームです。

f:id:kaguisu:20180707160451j:plain

 

f:id:kaguisu:20180707160434j:plain

 

f:id:kaguisu:20180707160438j:plain

 必要最低限です。

 

次はバルコニー。

f:id:kaguisu:20180707160618j:plain

手すりの高さが低いので、気を付けてねと言われました。

  

バルコニーからの眺め。

f:id:kaguisu:20180707160724j:plain

 

f:id:kaguisu:20180707160852j:plain

 

 

夜になり、まずは部屋でカッコつけた写真を撮りました。

f:id:kaguisu:20180707160925j:plain

そんなにカッコ良くないですかね。笑

 

意気揚々と外に出たら、何と私が泊まっている建物が大変なことに。

 

夕暮れ前はこんな感じですが。。

f:id:kaguisu:20180707161248j:plain

 

夜になると。。

f:id:kaguisu:20180707161335j:plain

なんじゃこりゃ!

 

f:id:kaguisu:20180707161609j:plain

 学生と思しき男の子による作品?です。

 

もう、興奮しっぱなしで写真を撮りまくりましたよ。笑

 

おわりに

 

バウハウスに泊まれるというだけで興奮状態の私に、追い打ちをかけるように

現れた予想だにしない展開。。

 

鳥肌が立ちました。。

  

さすがバウハウスだなと改めて感銘を受けた私は、数年経った今でも忘れられない

 

「人生最高の旅」

 

になりました。

 

皆さんもぜひバウハウスへ。

 

必ず「最高の旅」になることでしょう。

 

 

予約はこちらのオーダーフォームから行えます。

Bauhaus宿泊・オーダーフォーム

 

詳細はこちらから。

sleeping like a bauhausler

 

 

 

スポンサーリンク