とりあえず家具

家具を中心に好きなモノなどについて綴っています。

スポンサーリンク

展示会

ぶらり島根旅④出雲民藝館で湯町窯と出会いました。

出西窯を後にして、次は出雲民藝館に向かいます。 出雲市駅からJRで1駅の西出雲駅へ。 駅からは歩いて10分ほど。 ありました、出雲民藝館。 塀に沿って左に進みます。 突き当りを右折すると門が見えてきます。 このフォント、趣がありますよね。 良い雰囲気…

北欧雑貨ファン必見!没後30年「カイ・フランク」の展示会開催決定!

日程と開催場所以外の詳細は不明ですが、北欧ファンにはたまらない展示会が開催されます。 イッタラ、アラビアなどが好きな方は必見ですね。 北欧好きならまず見ておいて損はないでしょう。 むしろ、絶対に見た方がいいと思います! 日本・フィンランド国交…

祝!バウハウス100周年!「きたれ、バウハウス」巡回決定!!

みなさん、バウハウス(bauhaus)が日本にやってきますよ。 これ、実際に行った時の写真です。 バウハウス設立100周年を記念し、日本でも巡回展が開催されます。 楽しみですよね。 私はバウハウスが好きすぎて、ドイツのデッサウまで行ったことがあるんです…

Finn Juhl(フィン・ユール)展が開催されます!

Finn Juhl : Architectural Furniture Designer 期待させてすみません、日本ではなくスウェーデンの話です。 今回のフィン・ユール展では、1942年に自身で設計した自邸で実際に使用されていた家具や照明、Asger Jorn, Erik Thommesen, Vilhelm Lundström, Vi…

吉岡徳仁「ガラスの茶室 - 光庵」は茶室の最高傑作?!東京でも見られる?!

京都で大人気だった吉岡徳仁さんの「ガラスの茶室 - 光庵」を見に行ってきました。 場所は京都ではないんですけどね。。 吉岡徳仁 「ガラスの茶室 - 光庵」 場所は佐賀県立美術館。 なぜ佐賀で?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実は吉岡徳仁さんは…

観ますよね?国立西洋美術館で開催される「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ ピュリスムの時代」

国立西洋美術館60周年記念ということで、ル・コルビュジエに焦点を当てた展示会が開催されます。 「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」 世界遺産の国立西洋美術館で「ル・コルビュジエ」の原点を観る。 20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ…

これは期待大!!ルート・ブリュック(Rut Bryk)展が日本で開催!!

まさか日本で彼女の展示会が開催される日が来るとは。。 満を持しての登場です。 誰? ルート・ブリュック(Rut Bryk)? と思った人も少なくないと思います。 それでは、タピオ・ヴィルカラ(Tapio Wirkkala)はどうですか? タピオ・ヴィルカラであれば、…

チャンディーガルの家具。コルビュジェとジャンヌレとホンマタカシ。時々ジャン・プルーヴェ。

2016年の話です。 場所は広島のおりづるタワー。 www.orizurutower.jp そこで開催されてたんです、貴重な展示会が。 その名も。。 ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレによるインド・チャンディーガルの家具作品とホンマタカシによる写真展 反射して、よ…

日本民藝館は死ぬまでに行くべき美術館の1つ!今回は白磁を鑑賞。

久々に行ってきました。 日本民藝館 場所は井の頭線の駒場東大駅前から歩いて10分ほど。 正面。素敵ですよね、この雰囲気。 趣ある字ですね。 今回は白磁を鑑賞してきました。 白磁 Joseon White Porcelains 白磁とは。 民族独自の美意識や造形感覚を映し出…

「イサム・ノグチ展」を見終わり、イサム・ノグチ熱が再燃。

葉山の「アルヴァ・アアルト展」に行き、 www.kagu.tokyo 続いて東京国立近代美術館・工芸館の「インゲヤード・ローマン展」にも行き、 www.kagu.tokyo 東京オペラシティのイサムノグチ展にも行ってきました。 www.kagu.tokyo イサム・ノグチ -彫刻から身体…

行ってきました!「インゲヤード・ローマン展」!!

葉山の神奈川県立美術館で開催中の「アルヴァ・アアルト ―もうひとつの自然」に続いて、東京国立近代美術館・工芸館で開催中の「インゲヤード・ローマン展」にも行ってきました。 アアルト展についてはこちら。 www.kagu.tokyo 展示会の概要やインゲヤードロ…

大興奮!葉山で開催中の「アアルト展」に行ってきました!

遂に待ちに待ったこの日が。。 神奈川県立美術館、葉山館で開催中の「アルヴァ・アアルト展」に行ってきました。 逗子駅に到着。 逗子駅前からバスで15~20分。 海沿いを走るので、景色も楽しめますよ。 遂に到着。 アルヴァ・アアルト ―もうひとつの自然 日…

行ってきました!ブルーノ・ムナーリ展「役に立たない機械をつくった男」

遂に行ってきました。 既に終了してますが、北九州市立美術館・別館で開催されていたブルーノ・ムナーリの「役に立たない機会をつくった男」展。 日本最大級の回顧展です!! 300点以上の展示がありましたが、すべて同じ人がやったとは到底思えない程のボリ…

お茶好き集まれ!無印良品で「Found MUJI TEA」を開催。

皆さん、お茶飲んでますか? 正直、ご飯食べるとき以外では、コーヒーを飲む割合の方が高い方も多いのではないでしょうか。 そんな方に朗報です。 無印良品でお茶の企画展が開催されますので、これを機にお茶に開眼しませんか? 「Found MUJI TEA」 「Found …

スウェーデンの巨匠「インゲヤード・ローマン展」が東京国立近代美術館・工芸館で開催。

Ingegerd Råman(インゲヤード・ローマン)が日本にやって来ますよ!! インゲヤード・ローマン展 来る2018年9月14日(金)~12月9日(日)に日本・スウェーデン外交関係樹立150周年を記念して東京国立近代美術館工芸館で「インゲヤード・ローマン展」が開催され…

アルヴァ・アアルト ーもうひとつの自然 が遂に日本へ!

遂にアルヴァ・アアルトの展覧会が日本上陸です! しかも国際巡回展です。 しかもしかもこれはVitra(ヴィトラ)デザインミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館が企画してますので、並大抵のものではありません。 ドイツのヴィトラ・デザインミュージアム…

フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア 展覧会情報

これは行かなくては。 アラビア、イッタラ好き必見。 フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア 茨城を皮切りに東京、岐阜、山口、大阪と巡回します。 フィンランドと日本修好100年を記念して開催される「フィンランド陶芸:芸術家たちのユートピア」では、…

東京オペラシティで「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─」が開催されますよ!

2018年7月14日(土)~ 9月24日(月)まで東京オペラシティ・アートギャラリーで「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─」が開催されます。 www.operacity.jp 展覧会に合わせてリビングデザインセンターOZONEで7/14(土)にイサムノグチと師弟関係でもある…

坂倉準三・長大作・松本幸四郎の共通点とは

佐賀の佐賀城本丸歴史館や市村記念体育館で開催されている肥前さが幕末明治維新博覧会に行ってきました。 目的は2つ。 1つは博覧会自体を楽しむこと。 当たり前ですね。 肥前さが幕末明治維新博覧会 まずは佐賀城本丸歴史館から。 もう1つの目的は市村記…

「太宰府、フィンランド、夏の気配。」に行ってきました。

福岡の太宰府天満宮で開催中の「太宰府、フィンランド、夏の気配。」に行ってきました。 期間は2018.5.12~7.1まで。 太宰府幕末展も同時開催! 今年は明治維新から150年ということで、大河ドラマでは「西郷どん」やってますし、いたるところで、幕末~明治…

「イサムノグチ庭園美術館」は死ぬまでに行くべき美術館の1つ!!

イサムノグチ庭園美術館が日本にあるのを知ってますか? 意外と知られていないんですよね。 日本にあるんです、日本に。。 これを見ずして、何を見る。 一見の価値はありますよ。 いや、見ないと損です! イサムノグチ庭園美術館(The Isamu Noguchi Garden …

「世界現代工芸展・スカンディナビアの工芸」が開催されたのは1978年。

前回に引き続き、今回も図録繋がりということで。。 「世界現代工芸展・スカンディナビアの工芸」 1978年に東京国立近代美術館で「世界現代工芸展・スカンディナビアの工芸」が開催されています。 そのあと、京都国立近代美術館に巡回してます。 フィンユー…

Finn Juhl(フィン・ユール)追悼展

突然ですが、この本は何の本でしょう? Danish Chairs?? いいえ、違います。 これでわかりますか? はい、正解はFinn Juhl(フィン・ユール)追悼展の図録です。 そもそもタイトルでバレてましたかね?笑 Finn Juhl(フィン・ユール)追悼展 皆さん、ご存…

Verner Panton(ヴェルナー・パントン)について

昔の資料を整理してたら2009年に東京オペラシティアートギャラリーで開催されたヴェルナー・パントン展の時の資料が出てきました。 このパントン、カッコよすぎ!ダンディすぎる! パントンがカッコよすぎて、写真もカッコつけて撮ったら、パントンがわかり…

スポンサーリンク